気を付けたいSEOスパム

SEOの過剰対策の代表! キーワードの乱用
ふつうにSEO対策をしてWebサイトを作成していれば大きなペナルティを受ける可能性は ほとんどありませんが、意図せずペナルティの対象になってしまう行為もあります。そのような行為と対応時のポイントをみていきます。

意図せすやってしまう違反の代表例が、キーワードの乱用です。SEO対策が行われだしたころは、対策キーワードをただ多量に反映するだけで一定の対策効果を得られたため、この対策は多用されました。しかし、飛躍的に進化してきた現在の検索エンジンでは、 ただただキーワードを多量に記述するような対策が効果を発揮しないのはもちろん、このような対策は厳しく取り締まられる対象となっており、不用意なキーワードの
利用によりペナルティを課されてしまうことがあるのです。キーワードの乱用とは 、Google の検索結果でのサイ卜のランキングを操作する目的で、ウェブぺー ジにキ ーワードや文字を詰め込むことです。このようなキーワ∸ドが多くの場合、 リストやグループの中に、 または他の部分から切り離されて独立して自然な文 章として出現します 。キーワードや文字を詰め込むと 、ユーザーの利便性が低下 し、サイトのランキングに悪影響を及ぶ可能性もあります。文脈に合ったキーワードを適切に使用した、情報に富んだコンテンツを作成することに焦点を合わせてサイトを運営してください。
Googleの「品質に関するガイドライン」でも、キーワードの乱用が検索順位に悪影響を及ぼす可能性があることに言及しています  。
Googleなどの検索工ンジンは、自然なコンテンツを推奨しており、キーワー ドもコンテンツ中に自然に反映されていればペナルティ対象になりません。しかし、SEO対策を始めると、キーワードを特定要素に偏らせてしまったり、より多く使おうと物理的に近いところ に羅列 してしまったり、ページ内に過剰に反映してしまったりし
がちです。 ここでは、意図せすやってしまいがちなキーワードの乱用を、特定要素への偏り、物理的偏り 、そしてページ内の過剰反映などがあります。

マークアップによるSEO対策を始めたばかりの方がやってしまいがちなのが、特定要素においてキーワードを入れすぎてしまうことです。
keywords 、見出し、強調など、それぞれの要素で特定のキーワードを入れすぎることは不自然であり、やりすぎればペナルティの対象になってしまう可能性があります。

見出しに効果があるかうといってh1 ばかりを多量に利用 したり、 h1の中に何度も同じキーワ ー ドを入れたりするのは、非常に不自然であり、やりすぎればペナルティの対象になります。以下に、それぞれの要素にキーワードを反映する際の目安を記載しておくので、現在行っている対策が週剰になっていないか確認しましょう。どの要素でも同じ語句を重複して入れることは避け、迷ったときは利用者がわかりやすいようにするととを心がければ、ペナルティの対象にはなりません。

  • title要素・・・対象ペ ージで狙う全キーワードを反映する。重複は避ける 。
  • description・・・対象ペ ージで狙う全キーワードを反映する。重複は避ける。
  • keywords ・・・1ページにつき 5語以内で、対策したい語句を反映する。
  • 見出し・・・h1から順に利用し、 h1が利用できるのはまとまりにつき 1つ。
  • strong 要素・・・利用は 1ページにつき数回程度で、同じ語句には使わない。

特定の要素にキーワー ドが偏ることは、ペナルティを課せられてしまうリスクもあり
ますが、それ以外に内容がわかりにくく利用者に敬遠されるコンテンツになってしまう
弊害もあります。
また、 title要素やdescriptionなど、検索結果に表示される要素にキーワードを詰め込むと、検査結果に表示される内容がわかりにくく魅力的でなくなって しまうため、検索結果のクリック率が下がってしまいます。 SEO対策のためにと、特定の要素にキーワードを多量に反映することは、ペナルティを受けるだけでなく、利用者への影響もあ
るので注意しましょう 。

かつて行われた、 キーワードを多量に反映するSEO 対策においては、キーワー ドを羅列したり、利用者に見えない部分にキーワードをまとめたりする手法が行われていました。そのため、違反する意図がなくても、キーワードが 1ヶ所に偏っていると、そのキーワード自体が評価されなかったり、あまりに偏りが著しいとペナルティの対象にされてしまったりするので注意が必要です。

もっとも大事なのは、検索エンジンに誤解されないよう正しく伝えられるようにすることです。お店や拠点のリストでは、住所や電話番号が並ぶのは当たり前ですが、 Google はキーワードの乱用の例として「実質的な付加価値のない電話番号の羅列」と「市町村名や都道府県名を羅列したテキスト」を挙げています。つまり、 そこに記載す
る必要性を伝え、キーワードの羅列でないことを検索エンジンに伝えないと、利用者のために行った行為でも、 SEO対策にとってはマイナスになってしまう可能性があるのです 。
そのために、似たような内容を箇条書きにするときはul 要素やol要素などの リストと して表記し、関連のある複数の要素をまとめて記述する際はtable 要素で表として記述するなど、キーワー ドの羅列ではないことが検索エンジンに伝わるようにしましょう 。
画像化するのも1つの手段です。どうしても検索エンジンに誤解を与えてしまう可能性がある場合は、そのリストや表を画像にしてしまうのも 1つの手段です。検索エンジンは画像の中に含まれる文字を認識できないため、 SEO対策においては画像は極力使わず、テキスト要素を増やすのが基本ですが、この特性を逆手に取り、検索エンジンに認識させたくないものをあえて画像化してしまい、反映する方法があることも知っておきましょう。
物理的な偏りと同様の理由でペナルティの対象になってしまうのが、対策キーワードの過剰利用です。Google も「同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこ と」をキーワード乱用の例として挙げていますが、実際、普通に文章を書いていると、 同じキーワードが文章全体の 1割以上を占めることはほとんどありません。
キーワード反映時の目安

SEO対策の本場である米国で利用される英語と比較すると、日本語での検索は検索エンジンの対応が進んでおらす、まだ文脈などをそこまで理解できていません。そのため、現在も対策キーワー ドの反映数はある程度効果に影響するので、コンテンツ作成時は対策するキーワー ドをペ ージに反映する必要があります。しかし、あ
まりに反映しすぎるとペナルティの対象になってしまうので、キーワードを反映する際は、以下の表を参考に、これ以上反映数が多くならないよう気を付けましょう 。

検索エンジンはどんどん進化しており、これからはコンテンツの内容や文脈をより理解できるようになっていくでしょう。そのため、キーワードの反映数による効果は日本でもだんだん低下していくと予想されます。そのため長い目で見れば、ギリギリまでキーワードを反映したことによる効果より、過剰に反映してしまったことによるペナルティのほうが影響は大きくなります。キーワー ドの出現率チェックツールなどを用いて、キーワードの反映は過剰に左ょう芯いようにし、どうしても過剰になってしまう場合は、キーワードが集中するリストや表を画像化するなどして調整しましょう 。SEO対策においてキ ーワードの反映は重要ですが、 特定の要素や箇所、コンテンツにキーワードが偏在するのはペナルティ対象になりえるので注意が必要です。

SEO対策を東京でやるなら、東京SEOメーカーがおすすめです。