その他のSEOペナルティ

無意識にやってしまったり、気がつきにくかったりするSEOペナルティ対象行為を、ここで簡単に触れておきます。現在も外部リンクには一定のSEO対策効果がありますが、業者から外部リンクを購入するとリンクの質が悪い場合も多く、意図せずペナルティ対象なることがあります。 また、競合サイトに質の悪い外部リンクを多量に張り、ペナルティを課されるようにするネガティブSEO 対策なども、サイト管理者が意識していないのにペナルティを課される原因の 1つとなります。
質の悪い外部リンクとは?

一口に外部リンクといっても、 SEO対策の効果は大きく異なります。基本的には検索エンジンに高く評価され、同ジャンルの内容を扱っているWeb サイトからのリンクはSEO 対策の効果が高く、質の良い外部リンクといえます。一方、 検索エンジンに評 価されておらす、ジャンルの異なるWeb サイトからのリンクの効果は低く、 SEO対策業者が外部リンクを出すために多量に作成する Web サイトと特徴が似ているため、ペナルティを課される可能性がある質の悪い外部リンクとなります。
– 質の悪い外部リンクに対応する方法 Google などの検索 エンジンは金銭などで外部リンクを集めることを厳しく禁じ、違反者には重いペナルティを課しているので、外部リンクが自然に集まる質の高いコンテ
ンツ作りを目指し、外部リンクを操作する行為は極力避けましょう 。その上で、現在張られてしまっている質の悪いリンクは、 リンク元に依頼できるならリンクの削除を依頼し、各検索エンジンの提供しているリンクの否認ツールを利用して対象のリンクを否認 しましょう。
検索エンジンが特定のリンクを不自然と判断した場合は、重いペナルティを課すので、ペナルティを課されたリンクはすぐに削除すべきです。しかし、 ペナルティを課されてから細かな調整をしても、なかなかペナルティは解除されないので、検索エンジンに「不自然」と判断されないことが大切です。そのため、ここでは課されてしまったペナルティへの対応ではなく、ほかのWebサイトへ寄稿などを行う際に、不自然な外部リンクと判断されないようにするための注意点に触れておきます。
ただし以下の例は、自作自演での外部リンクの作成を勧めるものではなく、あくまでルールの範囲内で、検索エンジンに誤解を受けないためのチェックポイントとして示したものです。ペナルティを受けないことを保証するものではないことに注意してください。
不自然な外部リンクに注意
Search Console ヘルプの「手動による対策」の対象に、「サイトへの不自然なリンク」 と「サイトからの不自然なリンクが挙げられているように、 検索エンジンは張られている外部リンクに不自然さがあると、ペナルティを課すことになります。検索エンジン が不自然と判断する代表的な要素は、

  • 同じ Webサイトから多量のリンクが張られている
  • リンク元サイトのサーバの IP アドレスがどれも同じ
  • リンク元サイトの形式がどれも同じ(ブロクだけ、 CMSだけなど)
  • リンクが張られているのがテキストだけ、画像だけと偏っている
  • 外部リンクに利用さているアンカーテキストがどれも同じ -短期間に急激に外部リンクが増えた外部リンクが自然に集まるコンテンツを作ることを基本とし、すでにペナルティ対象
    の対策をしている方は、極力それに頼らない対策に変更していくことをお勧めします。
    その上で、 ペナルティを課された場合は対象となる外部リンクを削除し、削除できない
    場合は検索エンジンの提供しているリンクの否認ツールを利用して対象のリンクを否認
    しましょう。また、ペナルティを課されていない場合も、 上記例 に該当項目があるリンクは修正し、修正できない場合は削除しましょう。

    重複コンテンツに対するペナルティ
    多くの場合、重複コンテンツは悪意なく作成されていると判断され、ペナルティの対象にさ れるととはありません。そのため、ペナルティの対象となるリスクより、管理者の意図したページが検索エンジンに表示されなくなってしまったり、利用者が張ってくれる外部リンクが分散してしまったりするリスクのほうが大きいです。 しかし、Google も検索順位の操作や利用者への偽装を意図してい る可能性が認識された場合は、ペナルティを課すと しています。

    基本的にはすべてのコンテンツの内容にしっかりと差が出るようにしてぺージにつき1つの URLを割り振るようにWebサイトを設計しましょう。どうしても重複コンテンツや類似コンテン ツができてしまう場合は、 re l =”canonical ” リン ク要素を使用してオりジナル指定をし、検索エンジンにインデックス化してほしいページを指定します。このことで、検索エンジンからペナルティを受ける可能性がなくなるのはもちろん、意図したページが検索結果に表示されるようになり、利用者を設計通りに誘導できるとともに、外部リンクも希望のページに集中 しやすく なります。利用者や外部リンクを、完全にオリジナルのページに集中させたい場合は、 301リダイレク トを利用することになりますが、 301 リダイレク卜をすることは対象のページが表示されなくなることを意昧するので、対象ページ自体を削除するほうが、根本的な対応といえます。

    中古ドメインの購入時だけでなく新しくドメインを購入した場合も、前の所有者の利用の仕方によっては、そのドメインに未解決の問題が残っている場合があります。ペナルティを受けているドメインなどの利用はできるだけ避けたいので、対象のドメインが以前使用されていたか、また使用されていた場合はどのように使用さ
    れていたかを確認しましょう。もし以前使用されていて、あまりにジャンルが異なったり、 Webサイトの内容がペナルティ対象になりそうだったりした場合は、購入を避けましょう 。

    共有サーバーを借りている場合は、対象のサーバーを一緒に利用している人の利用の仕方よって影響を受けることがあります。その 1つとして、可能性は低いものの、検索エンジンがサーパそのものにペナルティを課すことがあります。 サーバーにペナルティを課されていることが疑われる場合は、でURLを調べ、レポ ー トペ ージ下部の 「その他の情報」の「ブラッ クリスト判定結果」のいずれかに判定結果が表示されているか確認します。もし表示されている場合は、利用 して いるサーバーがペナルティを受けている可能性が高いので、利用しているレンタルサーバに対応を依頼しましょう。
    ぺナルティ対象は幅広く、 原因究明は非常に大変な ので 、できるだけぺナルティを課されない、ガイドラインに沿ったWebサイト作りを心がけましょ う。