コンテンツのオリジナリティ

これからのSEO対策では、コンテンツの「オリジナリティ」が高く評価されるように なり 、オリジナリティが低く価値のないコンテンツをどんなにたくさん制作しでも、評 価が上がるどころか、マイナスの影響を与えるようになってしまいます。

Web サイトは更新頻度が高くより規模が大きいほうが検索エンジンにより高く評価される傾向があるので、更新頻度を高め規模を大きくするために、ただただコンテンツを量産しページを増やす対策が横行してきま した。精度の低かった首の検索エンジンでは、そのような対策も通用していましたが、 現在の検索エンジンはコンテンツの価値
を判断し、むしろ価値の広いコンテンツはペナルティの対象とされてしまいます。
オリジナリティがコンテンツの価値 コンテンツの「価値」といっても、検索エンジンは文学的な価値を判断しているわけではありません。 まだ日本語の文脈を理解できる段階ではないので、基本的に検索エンジンの指す「価値」とは、ほかでは提供されていない「オリジナリティ」が中心になります。
オリジナリティの高いコンテンツは、検索エンジンの検索結果を多様にし、利用者の満足度を高められます。反対に、似たようなコンテンツは検索エンジンにとってインデックス化のための記録容量を浪費し、クローラの巡回を無駄に消費するため、そのようなコンテンツの評価を下げ、ほかにはないコンテンツを高く評価するのです。
コンテンツの価値が「オリジナリティ」を柱にして判断されていることがわかれば、どのようなコンテンツが価値がないと判断されるかがわかるように芯ります。価値のないコンテンツとは、ツールなどで規則的に量産しただけの意昧をなさないコンテンツや、 すでにWeb 上にあるコンテンツと差別化されない、オリジナリティのないコンテンツ のことを指します。
こうしたページが重複コンテンツと判断されたり、テキスト要素が少ない価値の低いコンテンツと判断されたりし、検索エンジンに評価されないだけでなく、ペナルティを課される可能性もあります。そのため、 画像を撮影した際のデータや商品の仕様などをできるだけ記載して情報を増やしたり、コメント機能で利用者のコメントを集めたりし、それぞれのページが異なる内容を提供できるように対応しましょう。また、どうしても内容に違いを作れない場合は、重複コンテンツとしてrel=”canonical” を利用し、オリジナル指定をす るのも 1つの方法です 。
検索エンジンがより進化し文脈を理解できるようになっていけば、 コンテ ンツの オリジナリティより重要になっていくので、今からしっかり対策しましょう 。