隠しテキスト・隠しリンク

コンテンツ内のキーワードの数ばかりが重要視されていた検索エンジンの登場したばか りの頃、利用者には見えないようにしたテキストでキーワードを多量に反映する対策をする方が多かったため、現在では厳しいペナルティの対象となっています。
隠しテキスト・隠しリンクとは、検索エンジンの検索順位を操作するために利用する 、利用者に見えない、検索エンジンのみを対象としたテキストやリンクのことです。かつて検索エンジンの精度が低かった頃は、対策キーワー ドをより多く反映 したり、外部リンクを張ってWe bサイトの順位を上げたりするために、頻繁に行われていたSEO対策の裏ワザの 1つです。検索エンジンが進歩した現在は、ほとんど効果を発揮しないだけでなく、すぐにペナルティ対象となってしまうので、 このような対策を行う人は減ってきていますが、意図せずやっているこの行為がペナルティの対象になってしまうことがあるので、注意が必要です。
隠しテキスト ・隠しリンクの具体例
意図せず違反を してしまわないように、まずはどのようなものがペナルティの対象になるのか、 Googleが隠 しテキスト 隠しリンクの具体例と挙げているものを確認しておきましょう 。利用者を最優先し、利用者に見えやすく工夫し、検索エンジンのみを対象としたテキストやリンクを作成したいようにすれば、結果として、ペナルティの対象となるような問題はほとんど起きません。

  • 白の背景で白のテキストを使用する
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSSを使用してテキス卜を画面の外に配置する
  • フォントサイズを Oに設定する
  • 小さな 1文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す誤解しないようにしたい点は、利用者に見えず検索エンジンのためである要素がす べて隠しテキスト、隠しリンクと見なされるわけではないということです。利用者に見えなかったとしても、利用者のためになる要素はしっかりと反映するべきですし、それは、検索エンジンもプラスの評価をしてくれます。

    通常は利用者に見えませんが、利用者のための要素であるものの代表例が、画像に追加するalt属性です。alt 属性は画像が表示されない場合にどのような画像を表示したかったかを利用者に伝える手段になるとともに、目の不自由な方が画像の内容を知るための手助けとなるので、通常は見えなくても、利用者にとって非常に重要な要素となります。もちろん、 alt 属性に過剰にキーワードを入れればペナルティの対象になりますが、適切に利用すればコンテンツの評価を上げる要素となります。
    このように、 利用者には見えなくても、利用者のための要素であるものはペナルティの対象とはならす、反対に検索エンジンの評価を高めることとなります。alt 属性以外
    の例としては、 JavaScript を有効にしていない方のために<noscript >タグ内にJavaScript 内の内容を記述することや、動画の説明テキストをHTMLに含めることなどが挙げられます。