Uncategorized

ワードサラダ

ワードサラダとは、文法は間違っていないが日本語として意味不明な文章のことを言います。

一例ですが・・・

「相撲協会や八百屋はとても面白そうですね。さらに気になったのが、首相の発言です。しかし、かまぼこもおいしいですね。情報が錯乱しており、果たして本当でしょうか?」

このような日本語の文法は間違ってはいませんが、人間が読むと意味のないコンテンツです。このような記事をブログに書き、そのキーワードによってアンカーテキストを作ります。そこから順位を上げたいページにリンクを張って、不正に上位表示させようとする方法です。

一見便利そうなのですが、そのコンテンツはRSSなどを利用して他のブログ等のコンテンツを取得し、ランダムに配置しただけのものです。その結果、ユーザーにとっては何のメリットもないコンテンツになります。

そして、このような自動的かっ大量のブログを量産する行為は、ペナルテイと認識される可能性が極めて高くなってきます。現状Googleはこのワードサラダのコンテンツを排除しきれておらず、主にサテライトサイトやブログに使われているのをよく見ます。

しかし、それもいずれ必ず見つかってしまうことになるでしょう。コンテンツはオリジナリティーがあり、ユーザーに便利なものでなくてはならないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *