Uncategorized

MENA の SEO

MENAの検索エンジンシェア

MENA諸国ではGoogleが非常に高いシェアを獲得しています。Googleに続いてYahoo!、Bingは10%以下にとどまっています。

検索言語

使用言語は前述のとおりアラビア語が主要ですが、検索となると英語、フランス語の比率が上がってきます。たとえばアラブ首長国連邦では、76%のネットユーザーが英語を使って検索しています。

Googleによれば、MENAで検索に利用される言語の割合は、アラビア語54%、英語34%、フランス語8%です。

一方、サウジアラビアやエジプトではアラビア語での検索が多いため(サウジアラビアは82%、エジプトは91%)、アラビア語のみの対策でいいかもしれません。

MENAの検索連動型広告

基本的にはMENA全地域に、アラビア語、英語、フランス語などで出稿できます。国や地域で検索語の割合が異なるので、ターゲットに合わせた言語で出稿しましょう。

例外としては、2012年現在、GoogleAdWordsはイランに対して出稿できません。アメリカの「Office Of Foreign Asset Contro」という法律により、イランに対するオンラインコミュニケーションが制限されているためです。物理的な可否ではなく、政治的な背景によるものです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *