Uncategorized

新規案件Google Analytics

Webサイトの新規制作案件では、できれば最初からGoogle Analyticsを導入しておくとよいでしょう。Google Analyticsは検索連動型広告のAdWordsとも連動しているため、設定したキーワードで実際にどのぐらいアクセスがあるのかや、キーワードのコンバージョン率なども合わせて計測できます。広告出稿前の状態をGoogle Analyticsで計測しておけば、出稿後の効果が簡単に見て取れるので、検索連動型広告をすぐに始める予定が なくても、 Google Analyticsを先に導入しておくとよいわけです。
Google Analyticsには「マイレポート」という機能があるのですが、これは数ある解析結果の中から必要なデータを自動的に抽出して見せてくれる機能で、このマイレポートをPDF化す ることで、クライアントのWeb担当者が上司に、Webの成果を報告する際のレポートを簡単に作成できます。こういった便利な機能などについても受注前に説明しておけば、アクセス解析の導入がスムーズになると思います。
また、新規案件がコンペ状態になっている場合に、 Webサイトの制作部分だけしか提案しない会社に対して、アクセス解析による費用対効果の浪u定の有無や、 PDCAサイクルを考えたアフタ ーケ アについても、しっかりとリアリティのある提案ができれば、かなりの実力差を示すことができるので、受注につながりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です